バトルブレイク、キャンペーンバトル開催

 バトルブレイクの対戦を何かテーマを用意して遊べないかと考えていたのですが、今回そんな楽しみ方の1つとして、キャンペーンバトルをやってみようと思い立ち、色々準備して開催に至りました。

 魔王の森キャンペーンバトル「幻鏡惑星カリュドレス戦役」と題して、12月17日から来年の2月12日の期間をかけて、プレイヤーは用意されている2つの陣営いずれかに参加して、相手陣営を倒す事を目指します。

 幸いにして、バトルブレイクの当初のストーリー設定では、異世界の地球によく似た惑星で戦争があり、その当時使われていた「フリーズシステム」の致命的な失敗によって、現代の地球にユニット達がきてしまったというものがありましたので、このストーリーを活かして、その異世界での戦いそのものに焦点をあててみました。

 「嵐の宙域(セグメントゥム・ランペストゥス)から無明の領域(ヴェイルド・リージョン)よりにある、ラグランジェ星系(ラクランジェ・システム)の第三惑星、惑星カリュドレスでは、長い間、外交・軍事の中心であり、経済を司る大グランドラス帝国と信仰と安らぎ、農業を司る神聖エルザハル王国が、それぞれ共存し、ともに力を合わせて繁栄してきた。
 しかし、「名も無き無限なる者」と呼ばれる巨大かつ凶悪な意識体の計略により、アストラル空間からの侵略をうけ、絶える事のない悪夢という筆舌につくしがたい拷問によって幾人もの大神官が発狂、あろう事か神聖エルザハル王国の首都において悪魔召喚の儀式がおこなわれ、一夜にして神聖エルザハル王国は具現化した悪魔、魔獣達に支配されてしまった。
 そして、なんの通告もなしに、一方的に大グランドラス帝国に総攻撃が開始されたのだ。
 信じられない、そして理由もわからない猛攻により、初戦からズルズルと敗退をかさねた大グランドラス帝国だったが、現在の状況をその事実をおぼろげならがらも把握し、軍備をととのえ、反撃を開始するまでには惑星カリュドレスの半分が、悪魔にのっとられた神聖エルザハル王国の支配下におかれてしまっていた。

 日々市民が生贄にささげられ、次々と悪魔召喚の犠牲となっている、狂気と殺戮に支配された神聖エルザハル王国領を奪回すべく、大グランドラス帝国がついに反撃を開始したのだ」

 って感じのノリ(笑)で、ストーリー背景を設定して、参加者は大グランドラス帝国派か、神聖エルザハル王国派かを選択して参戦する事ができます。

b0228905_6163313.jpg


 惑星カリュドレスについては、写真のようにマップをつくり、赤の旗が大グランドラス帝国、青の旗が神聖エルザハル王国として、それぞれ旗をたててゆき、相手国の首都を陥落させれば勝利となってゆく形としました。

b0228905_6163342.jpg


 バトルブレイクは中央の「ダヴィオン原野」をスタートとして、城攻めによって勝利したのなら2点、殲滅によって勝利したのなら4点を獲得し、各陣営で30点を獲得する毎に旗が1本たつようになっていきます。
[PR]
by Coeurlcall | 2011-12-17 06:26 | キャンペーン
<< あけましておめでとうございます! バトルブレイク、究極ロボ「大電人M」 >>