バトルブレイク対戦台が凄いです

 まずご連絡として、明日31日のバトルブレイク公認大会の開催場所は「魔王の森」店内と決定いたしましたので、どうぞよろしくお願い致します。
 時間は14時より受付、14時30分より試合開始となります。
 よろしくお願い致します。


 さて、それはそれとして、本日、バトルブレイク事業部さんから、魔王の森あてに販売促進用の一環として「バトルブレイク対戦台」を1つ、送って頂けました。

 サイズも格好良さもかなりのものです。

b0228905_19514481.jpg


 椅子と比較して頂ければわかりますが、サイズとしては十分なもので、素材自体は紙ではありますが、かなりしっかりとした作りになっている上にコーティングもしっかりなされているので、直接水でもかけたら別でしょうが、そうでない限り、耐久性も良好です。

b0228905_195144100.jpg


 写真だとわかりづらいのですが、プレイボード自体が一段高くしてあり、こういった細かな心くばりは、プレイのしやすさに対する配慮を感じます。

 テレビで使用されている台のようにダイスプールこそないものの、プリントは十分格好よいものですし、コインバンク、待機エリアなど、きちんとわかれていて、使いやすさもそうですが、ギャラリー側からしても「観戦しやすい」という大事なポイントが押さえてあると思いました。

 こういった販売促進物を展開してくださると、店舗としてはサポートがしやすいですし、今後のサポート、展開にたいする信頼が生まれますし、お客様にしても安心してゲームを楽しむ事が出来ると思います。

 昨今のTCGなどの商品展開に対する企業さんの不誠実な対応などが、ユーザーさんを相当疑心暗鬼にさせている部分があるのは、悲しいですが事実で、一生懸命応援したり、仲間を誘ったりといった事をしづらくしている側面があると思います。
 バトルブレイクはまさにこれから本腰いれてユーザーさんに浸透してゆく商品だと思いますし、3年計画くらいで、腰をすえてサポートをしていただければと思っています。

 第3弾が来月末に発売され、第4弾は11月頃に発売予定と聞いています。

 TCGと違い、大量に購入しなければまともにゲームが出来ないという欠点も少なく、かなり良心的なシステムになっているのは大歓迎なのですが、それは同時に、1人のユーザーさんの購入額が小さく、少し購入したら買わなくても良くなってしまうという、お店としてはなかなか難しいジレンマを抱える事になるんですよね(笑)。
 個人的には、少ない資金で楽しく長く遊べるものを提供したい気持ちで一杯ですが、仕事といった観点からすれば、ある程度継続的に購入してほしいと願ってもバチは当らないでしょう(笑)。
 まぁ、ユーザーさんからすれば、それくらいお財布に優しい商品なんですけどね(笑)。

 そう考えた場合、やはりユーザーさんの絶対数の増加は、是非ともしたい商品で、一人一人の購入量がそれほどでもなくても、その人数が増えれば何も問題ありません。
 さらに、10体制限という公式ルールがあるおかけで、ある程度強力なユニットであったとしても、複数持っている意味があまりなく、トレードが圧倒的に容易である事から、ユーザー数がふえて、トレードの機会それ自体が増えるのは大歓迎と言えます。

 そういったちょっと生々しい視点(笑)からしても、バトルブレイク事業部さんが、こういった販促物に力を入れてくださるのは本当にありがたいです。

 しかも、「これで販売促進て、どうすればいいの?」なんていう、良く見るどうでも良い品ではなく、非常に実用的かつ、見栄えもする今回の対戦台は、本当に素晴らしいサプライズになり、お客様の評価もかなり高いものでした。
 やはりお客様の盛り上がる姿は本当に嬉しいものです。

 これからも、お客様ともども、バトルブレイクを大いに楽しんでゆきたいと思います。


 実はバトルシートについては、私も格好良いものを自作しようと色々画策していたんですね(笑)。
 今回頂いた対戦台のおかげで、頭を悩ませていた「ボードのサイズ」について、明確な回答を得る事ができたという、ありがたい副産物があったりします。
 早々に、魔王の森オリジナルバトルスペースの作成に着手したいとも思いました。
[PR]
by Coeurlcall | 2011-07-30 19:51 | 感想や回想
<< 第6回バトルブレイク公認大会 バナフェスタウンでバトルブレイク >>