バトルブレイクinバナフェスタウン

 多くの学生さんのテスト期間が終わり、そろそろ本格的に夏休み突入へのカウントダウンが始まった頃と思います。
 授業もほとんどなくなって、球技大会や面談などが増えて、学校が終わる時間が早まって、自由な時間が増えてくる、学生さんにとってはなかなかにして心躍る時期ではないでしょうか。

 自由な時間をメリハリつけて過ごし、勉強はしっかりとしつつも、遊びもおおいに満喫してほしいと思います。

 バトルブレイクは立体的な思考を必要としますし、対戦相手との対話も求められ、メリハリつけて遊ぶにはもってこいです。 
 ルーチンワーク的な要素を含む遊びは、メリハリをつけるには正直あまり適しておらず、ついつい惰性で行なってしまいがちになってしまうものですが、バトルブレイクのようなテーブルゲームにはそういった要素が小さく、常に新しい局面が提供される為、様々な思考が必要とされ、メリハリがつき、遊びの満足感が深いので、「さて、今度は勉強」と気持ちが切り替えやすいようです。

 まぁ、そんな難しい理屈は横にほっぽっておくとしても(笑)、単純に仲間と対戦し、さまざまなユニット効用についてディスカッション出来るバトルブレイクは本当に面白いものです。

 近くにプレイスペースなどがあれば、もうそれにこした事はなく、ちょっと遊びに行って、様々な年齢層の人と話すだけですもいい勉強になるのですが、なかなかそういった店が遊びに行ける範囲にあるとは限りません。

 そこで今回稼働したのが、ネット上での仮想タウンをテーマにした「バナフェスタウン」内の、バトルブレイクタウン「小惑星ケレス」です。
 
 私も正直そういったネット上の遊びには詳しくなく、他をあまりやった事がないのですが、とにかく無料ですし(笑)、登録してみました(笑)。

 登録はメールアドレスがあれば1分かかるかどうかくらいで簡単に出来ます。

 名前を登録するのですが、どうやら他人と同じ名前は登録できないようで、普段からハンドルネームで使用している名前を登録しようとしたら「その名前は使用されています」となったので、今回は「フェンリルウルフ」で登録してみました。

 登録すると、自分用のアバターと、ちっちゃなお部屋が用意され、初めかららえるコインで、服などを購入する仕組みのようです。

 そこそこ種類があったのですが、組み合わせるのが面倒でしたので(苦笑)、「セット」なるもので一括購入(笑)。
 モノトーンのスーツ姿になってみました。
 さすがにそれだけでは寂しかったので、小物の所にあった帽子などをかぶってみて、いざお出かけです。

 いやー、とにかくああいった所で私がやった事があるのは「ニコッとタウン」くらいで、あれは非常にまったりと楽しめて個人的に大好きだったのですが、このバナフェスタウンはもう企業色が前面に打ち出されていて圧倒されてしまいました。

 たまごっち、デジモン、テイルズ、太鼓の達人、仮面ライダー、カードダスなどなど、いやはやここまで正面きってやられるといっそ潔いくらいです(笑)。

 そんな中に「バトルブレイク」の区画があり、現在の所「小惑星ケレス」のみが運営中です。

 いってみると、四つのルームにわかれていて、ルーム内の仕様については同一で、好きなルームに入り、アバターの吹き出しによるチャットを楽しむようになっています。
 
 先日1回アクセスしただけですが、まだバトルブレイクを知っている方は少ないようで、私は「バトルブレイクって何ですか?」などの質問に一生懸命答えたりしてました。
 もう少しバトルブレイクを楽しんでいる方のアクセスが増えるといいと思います。

 話題としてはたまごっち、テイルズ、デジモンが多く、色々な方(エッグの関係の方などともお話ししたりして、プロフィールになかなか可愛らしい写真がのっていました(笑))と話していたら、ルーム内の人数がすごい事になってきて、14人くらいはいたと思います。
 正直、そのレベルになってくると、私のパソコンの処理限界に近くなってしまい、重くて重くてまともに会話が出来ない感じでした。

 それでも皆さん気さくな方が多く、後から気が付いたのですが、私の部屋のゲストブックに書き込みして下さっている方が見えたり、フォローしてくださったりして下さったりで、ちょっと遊べばあっというまに知り合いは増えそうな感じでした。
 残念にして、私にはアクセスする時間がほとんどないので、無理ですが、毎日定期的に1時間くらいアクセス出来れば、話し相手には事かかないと思います。

 また、ネット対戦は出来ないようで、本格的にバトルブレイクで遊ぶとなれば、やはりネット対戦ルームの稼働が待たれます。
 ただ、何となくネット対戦、またはネット上のユニット入手は有料サービスの課金制のような気がするので、よほど安くないと、リアルで楽しめてしまう私としては、それほど熱心にはアクセスしないようにも思います(バンダイさんごめんなさい、でも、その分リアルの商品購入していますから!(笑))。

 あと、コミュニティ掲示板があり、バトルブレイク専用の掲示板が用意されていますので、そこを利用して、「小惑星ケレス」での待ちあわせをしたり、ネット対戦が稼働すれば、対戦の約束などが出来ると思います。

 ただ、自分のルームに日記機能がついていないので、なんとも物足りない気持ちになってしまいます。
 アバターによるセカンドライフ的な仮想タウンなのですから、やはり日記(ブログ)機能は必須だと思うのですが、そうでもないのでしょうか。

 何人かと会話してみて思ったのが、現在の所登録している方の年齢が非常に低いようで、小学生の方なども、たまごっちのおかけで相当数増えたそうです。
 あとはやはり、時間に余裕がある大学生の方が多いでしょうか。

 今後は社会人の方なども、平日の就寝前に一局、的な遊び方が出来れば良いな、などと期待してしまいますし、まわりにまだ対戦相手が少ない環境の方などのお役に立ちやすいのではないかと思いました。

 もし、アクセスして登録される方がいらっしゃったなら、「フェンリルウルフ」で検索されると私が見つかると思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
 ただ、かなり不規則で、比較的短時間しかアクセス出来ない為、そのあたりはどうかご容赦下さい。

 様々に広がってゆくバトルブレイクワールドの今後が非常に楽しみです。
[PR]
by coeurlcall | 2011-07-07 05:23 | 感想や回想
<< バトルブレイク、二弾環境下での... 第三回バトルブレイク公認大会 >>