バトルブレイクの3文明デッキ

 さて、魔王の森のバトルブレイク公認大会開催まで、あと4日とせまりました。

 まぁ、最初の大会ですから、まだそんなに人数は集まらないと思うのですが、今から楽しみです。
 
 公認大会では、優勝、準優勝、3位までにそれぞれ大会限定ユニット「トカゲ弓兵」のゴールド、シルバー・ブロンズの各バージョンが渡され、参加賞として、「歩行3」の効果をもった城コインが配られます。
 人数が少ないうちに参加して、限定アイテムを獲得するって手もないわけではないわけで(笑)、そうではなくても、大会でがっつりプレイ出来るという体験をするだけでも、十分に楽しいものではないかと思います。

 個人的には、大会はもちろん勝った方が嬉しいですが、まずは参加して、様々な人と真剣に対戦するという行為そのものが楽しいと思います。
 勝敗はその結果でしかありません。

 よく、「勝てそうにないから参加しない」などという事を言う方もいますが、それはちょっと残念な意見だと思います。
 バトルブレイクは娯楽であり、趣味であるわけで、そこに求められるのは「楽しさ」であって「勝利」ではありません。
 対戦の結果として勝敗があるのであり、結果として勝利した方がうれしいという「オマケ」がついてくるにすぎないわけです。
 ゲームセンターの対戦ゲームなどと根本的に違う所がまさにそこではないかと思います。
 強い人が偉いわけなどないんですよ、「遊び」なんですから。
 より沢山の方と対戦して、そしてなにより「対戦相手と一緒に」楽しめた人こそが、一番充実した時間をすごした人だと思います。

 本当の楽しみは、様々な年齢の人達と真剣に対戦できる、という場こそにあるのだと私は考えています。
 
 さて、そんな訳で、結果はともかくとして、大会に出る場合には当然真剣に様々な事を考えます。

 デッキ考察などはその最たる部分だと思います。
 最近私は城攻めデッキを好んでプレイしているのですが、それがこれです。

b0228905_208756.jpg


 ワンオブナイン×3
 オックスホーン×1
 ウォータリオン×1
 スフィンX×2
 チャクラ星人×2
 ラッキードラゴン×1

 以上の3文明デッキで、以前紹介した分類の「ウィンドラッシュ」の変形でしょうか。
 あえて名前つけたら「クイックドロウ(早撃ち)」などはどうかな、と思います(笑)。

 1ターン目の「ワンオブナイン」から2ターン目の「オックスホーン」。「ワンオブナイン」のコイン効果を利用しつつ、3ターン目の「ウォータリオン」とつなげる序盤から中盤には「ラッキードラゴン」の強制移動によって敵の城まわりのユニットをどかすか、「スフィンX」を放り込んで、コイン効果を使用するなど、ボードコントロールを多用します。
 ただ、城攻めデッキの宿命で、とにかく線が細いデッキで、一手間違えるだけで致命傷になってしまう危険度の高い部分があります。
 まぁ、そこがスリリングでたまらないのですが(笑)。
 それでも、はめた時の効果は抜群で、特に相手が殲滅型をメタった仕様になっている時などは有効です。
 「シルバーバレット」スタイルに対しては、どうしても分が悪いのですが・・・。

 
 そうそう、大会について大事なお話があります。

 ほとんどの大会がそうだと思うのですが、大会会場では、城コインなどは自分で持ってくる事が前提となっており、場合によってはバトルシートすらも自分で用意してないと対戦出来ない可能性があります。
 つまり、スターターを購入していなければ(バラ買いなどの非正規ルートでも使わない限り)、大会には参加出来ないという事になってしまっているようです。
 まぁ、友人同士で対戦するにしても城コインは必要なわけですから、普通に考えれば持っているのだと言われたらそれまでなのですが、ガチャガチャでユニット集めた方などは大変ではないかな、と心配になってしまいました。

 もしも城コインなどお持ちでないなら、参加予定の大会会場に、事前に問合せをしておく事をお勧めします。
[PR]
by Coeurlcall | 2011-06-15 20:08 | 感想や回想
<< バトルブレイク、大会参加にあたって バトルブレイクと棋譜 >>